湘南クラブは神奈川県在住の会員を中心に活動しているフリーフライト愛好者の集まりです。
クラブの歴史は古く、60年以上も前からの活動を現在まで継続しています。
会員数は多くありませんが、チームワークの良さが特徴です。 競技中の協力はもとより、遠方で開催される競技会への参加は行動を共にして会員相互の親睦を深めています。
我が湘南クラブはグライダーを飛ばす会員が多く集まって活動してきた経緯があります。
フリーフライトに興味のある方、グライダーに関心を寄せられる方は、優雅に滑空するグライダーの姿を見に来て下さい。
主催する競技会としては、毎年1月の第2日曜日に湘南大会を開催してきました。
当初は平塚市郊外のタンボで開催していましたが、競技会場周辺の環境変化により最近は埼玉県の大宮タンボをお借りして開催しています。
この湘南大会は30年余り前から連続して開催されており、国内級の競技会である事から初心者の登竜門としての役目を果たしてきました。
種目は国内級の4種目に加えて、初心者の方々の参加を考慮してライトプレーンも種目に加えてきました。お子様や女性の方の参加も多く、 家族全員で飛行を楽しめる大会である事も特徴です。
また賞品としてメロンを準備しており、メロン大会とも呼ばれ参加者の間では好評です。
しかし長年続けてきた国内級の種目も、競技会場である大宮タンボの環境変化により、1分MAXでの競技が限度との判断となりました。
その結果、2008年より競技種目を小型機に変更して開催しました。
残念ながら2009年の湘南大会については、競技会場である大宮タンボの土手工事が始まることから開催できないこととなりました。
その後も湘南大会については、開催場所や運営方法等の諸問題があり、残念ながら開催できない状況です。
またフリーフライトを飛ばせる場所が限られてきている状況です。
今後もタンボを利用させて頂くためには、マナーを守って地元に迷惑をかけないようにする事も大切と思います。
最近は体育館の中で手軽に飛ばせる「室内機の記録会」を開催しております。
室内機の初心者の集まりですが徐々に記録も伸びてきました。
興味のある方はお気軽にご参加ください。見学も歓迎です。
詳細については「お知らせ」や「クラブ員の活動状況」のページをご覧ください。


歴代の会長

 

 初代:  高澤会長
 二代目:  上原会長
 三代目:  中澤会長

このページの先頭へ